イスラエル農業の研究開発

点滴養液栽培資材Homeへ

各画像クリック、擴大出来ます

点滴チューブの応用、点滴養液栽培潅水システム

点滴養液栽培潅水システム

点滴チューブの応用、サンドフィルター 点滴養液栽培欠かせない水処理

点滴養液栽培欠かせない水処理

点滴チューブの応用、点滴養液栽培潅水システムのコントロール

点滴チューブの応用、点滴養液栽培潅水システムのコントロール

点滴チューブの応用、イスラエルの農業点滴養液栽培潅水システム電磁弁の配置

点滴養液栽培潅水システムのコントロール

室内魚養殖場

室内魚養殖場

点滴チューブの応用、魚養殖用ビニルカバー

魚養殖用ビニルカバー

点滴養液栽培コスト安い資材の開発

点滴チューブの応用、小規模自家苗の栽培 ミストの利用

小規模自家苗の栽培(フォガミストの利用)

点滴養液栽培潅水用栽培箱

点滴チューブの応用、養液栽培 いちごの簡易栽培箱

いちごの簡易栽培箱

点滴チューブの応用、養液栽培 パーライトの利用

土なしのパーライト培地 点滴養液栽培

点滴養液灌水システム、養液栽培用箱の展示

点滴養液灌水システム、養液栽培用箱の展示

点滴養液灌水システム、養液栽培用箱の展示

点滴養液灌水システム、養液栽培用箱の展示

点滴養液灌水システム、台車付きの消毒器

点滴養液灌水システム、いちごの懸空養液栽培

点滴養液灌水システム、いちごの懸空養液栽培箱

点滴養液灌水システム、トマト誘引用ローラフック

点滴養液灌水システム、各種トマト用生長必要小道具

トマト誘引用ローラフック

点滴養液灌水システム、トマト誘引用ローラフック

トマト誘引用ローラフック

点滴養液灌水システム、土なしのパーライト培地 点滴養液栽培

土なしのパーライト培地 点滴養液栽培

点滴養液灌水システム、点滴チューブの頭上配管

頭上配管

集中選果場

砂漠地の集中選果場

集中選果場

点滴養液灌水システム、砂漠のなかのハウス群れ

砂漠のなかのハウス群れ

養液栽培肥料のページへ

肥料編へ

 

 

砂漠の点滴養液栽培の紹介

中国の嘉峪關 砂漠地域のビックプロジェクト30,000ムー(199,800,000m2) 軍の関連農場

プロジェクト責任者: Mr.Dovi Ayalon CEO プラストロチーム

上の文字をクリックして大きいな画面が出ます、出てくるの画面の下左端のスライトションボタンをクリックしてください。

砂漠地域に機械化 点滴養液灌水の方法で栽培のトマト 野菜 果樹など

上の文字をクリックして大きいな画面が出ます、出てくるの画面の下左端のスライトションボタンをクリックしてください。

中国新疆(ウイグル)庫爾勒市近隣の点滴潅水プロジェクト

上の文字をクリックして大きいな画面が出ます、出てくるの画面の下左端のスライトションボタンをクリックしてください。

イスラエルの農業      点滴養液栽培資材Homeへ

農業部門の研究はほとんどすべて、農民と研究者との協力による研究開発に根ざしている。整備された普及サービスシステムのおかげで、研究結果は素早く実地に実験され、何か問題があれば解決のために直接科学者のところへ持ちこまれる。農業の研究開発はまず、農業省に属する農業研究機関が行なう。  

イスラエルの農業研究機関は、国連の食料農業機構と密接な連絡を取りながら、外国とも情報交換をはかっている。乏しい水、荒れた土地、限界のある労働力を効果的に利用することで、農業の方法に革新をもたらした。

水資源の節約の諸技術は、数多くのコンピューターに制御された灌漑システムの開発を促した。

主なものとして、水の流れを直接植物の根のある部分に向ける点滴灌漑システムがある。また、集中的な研究の結果、西部ネゲブにある、塩分を含む水の巨大な地下貯水池の利用に成功した。これによってヨーロッパや冬場のアメリカ向けに最上質のトマトなどの作物が生産されている。

その他、動物の健康を増進させ、作物の収穫を上げるために水を電磁的に処理する技術の開発もある。実験によれば、磁気処理された水を飲む牛はミルク産出量が上昇し、この水を与えられた子牛は、適正条件下で育てられた子牛より成長が12%早かったそうだ。  

また、磁気発生装置を通過した水で灌漑された土壌は、通常の土壌より栄養物質を多く含んでいる。イスラエルで開発されたバーミキュライトという物質からなる土を、摂氏1000度に加熱すると通気性がよくなり、その重量の何倍もの水分を貯蓄できる。

これを通常の土壌に1〜2割混ぜると、トマトは30%、キュウリは45%も収穫量が増えるのである。

イスラエルでデザインされたコンピューターが、日常の複雑な農業活動の調整に利用されている。例えば、すべての環境要因をモニターしながらの肥料注入、最小限のコストで最大の収穫量を期待できる家畜飼料の混合、養鶏のために適切な温度、湿度設定などがコンピューターで管理されている。  加えて耕作、種蒔き、植え付け、収穫、仕分け、梱包のための様々な農業機器も開発、製造している。 

農業もまた一般科学研究や研究開発の発展による恩恵に浴している。例えば、自動組織培養装置、生物学的殺虫剤、疾病に強い品種の開発や生物的肥料などがある。

イスラエルの農業

主は水と肥料一緒送るの点滴潅水(かんすい)チューブの利用 点滴養液栽培資材Homeへ

イスラエルは、乏しい水と砂漠という不利な条件を克服し、多年に及ぶ苦闘の末に世界の先端をいく農業を育てあげた。

19世紀後半、ユダヤ人たちが父祖の地に再定着を開始したとき、まず初めに不毛の荒野に開拓のクワをおろすことから着手しなければならなかった。 イスラエルが独立してから、耕作地は110万エーカーとなり、潅漑地も60万エーカーに増えた。

この間農業共同体(キブツ、モシャブなど)の数は400から750に増えたが、都市化現象のため農村人口は12%から6%ほどに滅っている。現在イスラエルは食糧のほとんどを自給している。一部輸入に依存しているのは、穀物、オイルシード、肉、コーヒー、ココア、砂糖であるが、農産物輸出のほうがずっと多い。

農産物は、乳製品、鶏肉、各種切花、果物、野菜などが主力である。冬期には、温暖地域の特性を利用して、輸出用のバラ、カーネーション、メロン、トマト、キュウリ、胡椒、いちご、キウイ、アボカドなどが生産されている。

イスラエルの農業が発展した背景には、生産者である農家と研究機関との密接な協力関係がある。潅漑技術、新しい品種、革新的な機械化技術などの分野で、応用側と研究開発側との交流が盛んである。GNPに占める農業の割合は、11%(1950年)から4%(1991年)に減少している。

一方、輸出に占める農業製品輸出の割合は、60%から4%となった。もっとも、新しい農業分野の導入によって多様化したおかげで、絶対額は2000万ドルから6億ドルと、30倍に拡大している

【イスラエル先端技術の秘密】-養液点滴栽培-    点滴養液栽培資材Homeへ

イスラエルの多くの 面積をこのような砂漠土が 占めながら、その農業生産力はヨーロッパ各地に輸出するほどの技術を持っている鍵は何か、現地で秘密を探ってみました。

イスラエルでは、灌水しないで植物が育っているという場面はほとんど発見されず、街中の草木の1本まで灌水設備なしでは生きていけない自然条件です。ですから、作物栽培ということでは、当然、点滴灌水かスプリンクラーに頼っています。特に、点滴灌水の発祥地だけあって、その活躍ぶりには驚かされます。これは前述のように、砂漠土は土の構造が全く発達していませんから、散水方式では作物は酸欠をおこしてしまうことが多く、そのため、点滴のスピードとその水を与える量の適合性が生まれてきます。つまり、毛管孔隙をつたって、毛管スピードでゆっくりと、しかも大きな孔隙、粗孔隙には空気のすき間を残しながら作物根に水を与える原理です。 次に、点滴はアルカリ土という元々土の中に多くの塩類、過剰成分を含む土で植物を育てるために、点滴点から外側に輪を描くように水が押し出されて、ある一定の範囲を適性濃度域に変えながら、限られた作物の根域をつくるという方式です。このため、点滴によって押し出された円形の(これは平面的に見た場合)灌水域の外周部では、塩類が析出したりそこまでならなくても最高濃度になります。

 つまり、悪いものは根の及ばない位置まで押し出し、その内側の狭い所で健全根を多く生じさせ、そこで作物を育ててしまう発想です。それですから、最外部の塩類が析出するようなところでは、作物根はほとんどないといってよいでしょう。ですから点滴方式は水が節約できるのです。

【元肥はゼロ】養液点滴栽培-    点滴養液栽培資材Homeへ

次に、この点滴方式は同時に施肥器の役割もしています。乾燥地のアルカリ土にどうして点滴方式による液肥体系が合致しているかというと、まずアルカリ土では、元々過剰成分が多いために元肥という体系をとれないことにあります。

元肥として栽培スタート時に多くの成分を入れてしまうと、そのままでも塩類濃度の高いところに、さらに高濃度の肥料分が加わってしまうことで、作物は塩類障害をおこしてしまいます。 そのため、スタートは元肥ゼロ、そして栽培途中も、その時に必要な成分量を必要最低の水量に溶かし込んだものしか与えません。 点滴灌水では、水の供給は同時に土の粒子間のすき間の空気の交換でもあるので、根は活発に活動していて、与えられた適正な濃度の肥料分を残らず吸収してしまいます。 このため、栽培終了時には土に残留する肥料はありません。

また、アルカリ土では、鉄、マンガン、ホウ素、亜鉛などの微量要素が作物に吸収されない形態になっていますが、これには、水に溶かす形でこれら微量要素を与える方式が最も効率的な方法です。 日本のような酸性土壌では、微量要素は、水に溶けないタイプのものを元肥スタート時に施してもよいのですが、アルカリ土では、これをやっても全く効果がありません。液肥体系であると、私達の社会生活から発生する有機廃棄物もスラリー状態での輸送やパイプラインが整っていれば、低コストで肥料として使えるのです。

【連作障害が少ないイスラエル農業】-養液点滴栽培-   

点滴養液栽培資材Homeへ

イスラエルでは、下水道も農場に配管されているパイプラインによって全土のものが肥料として利用されているということです。 日本では、水田の稲作中心に肥料や施肥法が考案されてきた歴史があります。稲はチッソをアンモニアで吸収することから、アンモニアを元肥で与えても土に吸着され、その濃度は一度には高まることなく円滑に吸収されていくために、固形肥料の使用やその生産が大半を占めたのです。

これに比して、畑作地帯は、土に吸着されにくい硝酸態チッソを使うため、元肥主体でなく、液肥による追肥体系が整ったと考えます。 このようなことと共に、もう一つ乾燥地アルカリ土のイスラエルで学んだことに連作障害の発生が大変に少ないことがあげられます。 連作障害は、同一作物の連続栽培による土壌障害ということですが、原因は一つではなくいくつかの要因が複合しているケースが多いのです。その中でも、人為的な施肥の誤りによる残留肥料過剰分による障害、土壌物理性、排水性、土層の厚さが確保不充分な場合など、これらが微生物群の片寄りを加速させてしまい、結果として、同一圃場での同一作物の栽培を短命にしているケースが日本では多いのです。

この点において、アルカリ土では肥料を入れすぎることは出来ず、ゼロスタートのゼロ終わりを確実に毎作実行していること、また土壌物理性にすぐれていて根の活動が活発でこの根圏域はたいへん狭くても、そこに生存する微生物群はたいへんバランスがよく、特定の微生物が片寄った繁殖をしないのではないかと思われます。これは日本でも物理性のよい砂地帯で連作障害のあらわれにくいことからも証明できると思います。

【土とのつき合い方】-養液点滴栽培-      点滴養液栽培資材Homeへ

乾燥地農業を視察して、自然のままでは砂漠のアルカリ土は生産量最低の土ですが、適正な方法で水と肥料を与えると、その機能を充分に発揮して、安定した高い生産力を示すということは大事な発見でした。

 そのままにしておくと肥沃度を増す日本の土壌も、これを農業として利用することになると、畑地では多雨や粘土分が多いことからその生産力は安定しません。

イスラエルで点滴灌水が使われる訳━━ 『乾燥地土壌が教えてくれたもの』から抜粋

by 関 祐二                           点滴養液栽培資材Homeへ

.

 

砂漠の真ッ中で野菜、花、ハブ果樹などの点滴養液栽培

点滴養液栽培資材Homeへ

各画像クリック、擴大出来ます 

点滴養液灌水システム、砂漠のなかのハウス群れ

砂漠のなかのハウス群れ

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用 砂漠のなかで育つトマト

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、トマトの茎をくるくる巻いて、一作は1年です。

点滴養液灌水システム、砂漠のなかで育つトマト

点滴養液灌水システム、砂漠のなかで育つトマト

砂漠のなかで育つトマト

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠のなかで点滴養液栽培の育つ 9色 カラーパプリカ

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠のなかで育つ 9色 カラーパプリカ

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠のなかで育つ 9色 カラーピーマン

砂漠のなかで育つ 9色 カラーパプリカ

点滴チューブの利用、砂漠のなかで育つ花

砂漠のなかで育つ花

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠の真ッ中でブドウの育つ

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠の真ッ中でブドウの育つ

砂漠の真ッ中でブドウの育つ

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、トマト茎分割して2本立ち収量のテスト

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、トマト茎分割して2本立ち収量のテスト

トマト茎分割して2本立ち収量のテスト

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、トマト下葉を落とし、上葉の成長を促す

点滴養液灌水システム、

トマト下葉を落とし、上葉の成長を促す

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠の真なかでハブの育つ、主として、ヨーロッパへ輸出

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠の真なかでハブの育つ、虫除けの巨大色フィルム

点滴チューブの利用、ハブの育つ

ハブの育つ

点滴養液灌水システム、

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠のなかで育つ 花、種だけをとる場合、潅水の処置

植物の種だけをとる場合、潅水の処置

点滴養液灌水システム、点滴チューブの利用、砂漠のなかで育つ 茄子

点滴チューブの利用、砂漠の真ッ中で点滴養液栽培のなすび

砂漠の真ッ中で点滴養液栽培のなすび

砂漠のなかで伊勢えびの養殖

砂漠のなかで伊勢えびの養殖

砂漠のなかで伊勢えびの養殖

砂漠のなかで瀕臨絶滅動物の養殖

点滴養液灌水システム、砂漠のなかで瀕臨絶滅動物の養殖

砂漠のなかで瀕臨絶滅動物の養殖

砂漠のなか、無菌状態の利用で瀕臨絶滅動物の養殖場

砂漠のなかで瀕臨絶滅動物の養殖場

養液肥料 単肥 配合肥料

肥料編へ

 

 

Homeへ

 

灌水資材の紹介